社長のブログ

FP資格・宅建資格を持つ社長が専門家の目線で
相場や経済を斬る!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 相場ノウハウ
  4. 日経225先物、日経225オプション、FX、ETF、投信、株に資金を分散してそれぞれで利益を狙う

日経225先物、日経225オプション、FX、ETF、投信、株に資金を分散してそれぞれで利益を狙う


私は下記の区分に資金を分散し、それぞれで利益を狙うスタンスです。
「先物、オプション」
「FX」
「ETF、投信」
「株」
「待機資金」

例えば、株式の場合は、持ち株の下落ヘッジのために空売りを実行することはありますが、
基本的には単体での空売りは実行しません。
下降相場を見込む場合は、先物やオプションで利益を狙うことができるため、
株式については、上昇相場で利益を狙うことを意識しております。

このようにすることで、
日本株全体が上昇相場を描いている時は、
長期保有の株式やETF、投資信託が値上がりしてくれますので、
上昇相場では値上がり益と配当の両方を享受でき(キャピタルゲインとインカムゲインの両方を得ることができる)、
下降相場では、先物やオプションで利益を狙うことで長期保有の株式やETF等は値下がり分を補填し、
上手くいくとその値下がり分以上に先物やオプションのトレードで利益を得ることも可能です。
また、下降相場の最終局面では、株価は明らかに割安な水準まで叩き売られることになりますので、
優良株の仕込み場となります。
いざというときに、しっかりと優良株を仕込むために、暴落時のみ稼働する口座に待機資金を入れておくことも
リスク分散の観点からも有効です。

私はこのように、日経225先物、日経225オプション、FX、ETF、投信、株に資金を分散して
大きく負けることを防ぎながら、それぞれで利益を狙うというスタンスで日々の相場に臨んでおります。

関連記事