社長のブログ

FP資格・宅建資格を持つ社長が専門家の目線で
相場や経済を斬る!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 実践売買
  4. まずは負けないことを意識してから勝ちを狙っております。現在の日経225オプションのポジション公開

まずは負けないことを意識してから勝ちを狙っております。現在の日経225オプションのポジション公開





日経225先物については、上図の通り、
11月19日に23340円の新規売りを実行し、
半玉は11月20日に23200円で利益確定、
残り半玉は11月25日に23335円でトレーリングストップとなりました。
直近3回の売買は180円、80円、150円の利幅でいずれも小幅な利益ですが、現在5連勝中です。
今年前半の反省点が上手く改善できております。

昨年は7連勝がありましたので、これを超えられるように、
まずは負けないことを意識しながらチャンスを探っていく方針を続けます。

日経225先物は、上図の通り、昨日の日中からポジション無しで様子見しており、
次のチャンスを待っております。
今後の新規売買は日柄分析と、歴史的な転換日でのエントリーを狙っております。

元本回収のベアスプレッド
上の画像は私の11月26日9時51分現在の日経225オプションのポジションです。

11月21日の日経平均の急落時に、元本回収のベアスプレッドが完成しております。
12P22000を平均61.83円で6枚買い、
12P21500を65円で6枚売りで、
差引で受取が約19円ですので、
元本を全て回収した上で、最大利幅500×6=3000が狙えます。
すなわち、損失ゼロで、最大300万円の利益が狙えるポジションということになります。

このポジションでは日経平均がどれだけ上下動しても損失になることはありませんので、
相場の上下動を気にすることなく、
12月SQまでに波乱が起これば最大利益を狙うことができ、
12月SQまでに波乱が起こらずに日経平均が急上昇しても途中で利益確定することが可能です。

私の日経225オプショントレードは、相場観に基づき、下記のような流れで売買しております。
(1)プット買い→プット買い+先物買い+コール売り→利益確定
(2)プット買い→ベアプットスプレッド→利益確定
(3)プット買い→ベアプットスプレッド(差引受取)→利益確定
(4)ベアプットスプレッド→利益確定
(5)ベアプットスプレッド→ベアプットスプレッド+先物買い→利益確定

今回は、(3)のベアプットスプレッド(差引受取)が完成したところです。
この先はどこで利益確定するかという選択が残りますので、
12月SQまでに利益確定するか、12月SQ決済とするかを決めていくことになります。


【日経225先物やオプションで勝つための相場ノウハウ】日経225オプションの大口クロス取引で相場の転換点を読む 安値売りや高値掴みを防ぐための需給分析




関連記事