社長のブログ

FP資格・宅建資格を持つ社長が専門家の目線で
相場や経済を斬る!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 実践売買
  4. 百戦錬磨の海外勢を相手に戦わなければいけません。現在の日経225オプションのポジション公開

百戦錬磨の海外勢を相手に戦わなければいけません。現在の日経225オプションのポジション公開




●百戦錬磨の海外勢を相手に戦うのが日経225先物や日経225オプションの世界です。

相場の世界は、多数の投資家が参加し、
勝てば利益、負ければ損失となる単純な世界ですが、
全員が勝つことはありません。

特に先物の場合は、買い方と売り方がいて、
市場に存在する買い建玉の枚数と売り建玉の枚数は同枚数となります。
買い建玉が10万枚で、売り建玉が1万枚ということはありません。
買い建玉が10万枚あれば、必ず売り建玉も10万枚あります。
当然、上昇相場時には買い建玉のトレーダーが勝ち、
売り建玉のトレーダーは負けます。
逆に、下降相場時には売り建玉のトレーダーが勝ち、
買い建玉のトレーダーは負けます。
すなわち、先物の世界はゼロサムゲームなのです。

負けたトレーダーの損失はどこかに消えてしまうのではなく、
勝者の利益の原資になります。
つまり、自分の損失は他の誰かの利益となり、
自分の利益は他の誰かの損失が原資になっています。

もちろん株式については、先物とは構造が違いますが、
空売りが存在する限り、全員が勝つことはありません。

したがって、勝つトレーダーもいれば、負けるトレーダーもいるのが相場の世界です。

このように相場の世界は、基本的に投資家同士が利益を
奪い合うゼロサムゲームであることを理解した上で参加しなければ、
相場の勝者の餌食になってしまいます。

*株式の場合は配当があることや、現物株なら期日が無いこと、
買いの株数と空売りの株数は一致せず、空売りできない銘柄もあるため(貸借株ではない株)、
ゼロサムゲームが当てはまるわけではありません。
また、バブルのように次々に新規の資金が流入して高値を追って買われる相場では一時的に多くの投資家が利益を上げることが可能です。
このようなことを踏まえて「株」と「先物・オプション」を、私は区別して考えて運用計画や売買戦略を立てております。

以上、高田資産コンサルの「新・相場の教科書」からの抜粋です。


日経225先物については、
引き続きポジション無しで様子見しております。
この先の新規売買のタイミングは日柄分析と、歴史的な転換日でを待っております。
売買の好機が来るまで待ち、売買の好機が来ない限り見送りが無難と判断します。
8割方勝てると見込める時に絞ってエントリーをすることで、
損失を未然に防いで、資金を減らさないことを意識しながら、利益を狙うのが私の売買スタンスです。

動物の狩りも、むやみに動かずに、ジッと機会を待ちますが、それと同じイメージです。


上の画像は私の11月27日10時23分現在の日経225オプションのポジションです。

11月21日の日経平均の急落時(22800円割れ時)に、元本回収のベアスプレッドが完成しております。
12P22000を平均61.83円で6枚買い、
12P21500を65円で6枚売りで、
差引で受取が約19円ですので、
元本を全て回収した上で、最大利幅500×6=3000が狙えます。
すなわち、損失ゼロで、最大300万円の利益が狙えるポジションということになります。

このポジションでは日経平均がどれだけ上下動しても損失になることはありませんので、
相場の上下動を気にすることなく、
12月SQまでに波乱が起これば最大利益を狙うことができ、
12月SQまでに波乱が起こらずに日経平均が急上昇しても途中で利益確定することが可能です。

私の日経225オプショントレードは、相場観に基づき、下記のような流れで売買しております。
(1)プット買い→プット買い+先物買い+コール売り→利益確定
(2)プット買い→ベアプットスプレッド→利益確定
(3)プット買い→ベアプットスプレッド(差引受取)→利益確定
(4)ベアプットスプレッド→利益確定
(5)ベアプットスプレッド→ベアプットスプレッド+先物買い→利益確定

今回は、(3)のベアプットスプレッド(差引受取)が完成したところです。
この先はどこで利益確定するかという選択が残りますので、
12月SQまでに利益確定するか、12月SQ決済とするかを決めていくことになります。


【日経225先物やオプションで勝つための相場ノウハウ】日経225オプションの大口クロス取引で相場の転換点を読む 安値売りや高値掴みを防ぐための需給分析




関連記事