相場分析手法

弊社の相場分析手法は黄金比による「日柄、変化日分析」と「投資家心理分析」の2本柱です。

これに加えてエリオット波動を補足的に利用し分析の的中率を高めております。


1.日柄、変化日(黄金比、正五角形で導く)

相場は日柄が最も重要であり相場は黄金比で動く!

黄金比、すなわち1:1.618、弊社の分析手法はこの一言で説明できます。

黄金比で相場が高値や安値をつける変化日を導きだし、上昇の日柄下落の日柄をとらえることで、他にはない独自の分析手法で相場を鋭く先読みしています。

上昇の日柄では悪材料での下落は絶好の買い場、下落の日柄では好材料での上昇は絶好の売り場!

日柄分析によりこのような売買戦略をとることが可能です。


2.投資家心理(強気に傾いた時は売り場、弱気に傾いた時は買い場)

 

相場は総悲観で底打ちし、懐疑の中で育ち(上昇)、

そして楽観の中で天井を打ち、下げ始める。

相場で勝つには安値で買って高値で売る、高値で売って安値で買う、単純にこれを実行し続ければよいだけです。しかし、多くの投資家は総悲観(安値)で投げ売りしてしまい、

上昇の初期波動である懐疑の中での安値で買うことができず、

だいぶ上昇した後の楽観の中で買い、高値掴みをしてしまいがちです。

投資家心理が総弱気になっている時こそ仕込み場であり投げ売りバーゲンセールが行われているのと同じです。

悲観で買い、楽観で売るのが相場で勝つための定石です。

また、投資家心理はチャートにその状況が綺麗に表れます。

世の中の多くのテクニカル分析は投資家心理が反映されたチャートを分析する手法ですが、

それならチャートよりも投資家心理自体をもっとよく分析するのが大事だと弊社は考えております。

弊社では投資家心理や需給がどちらに傾いているのかを判断し、相場の定石を実践し続けます。

 


補足.エリオット波動(投資家心理がよく表れている)

弊社ではエリオット波動は補足として利用しており、特に中長期のトレンド判断に利用することが多いです。

エリオット波動は5波動の上昇と3波動の下落を永遠に繰り返すという波動理論です。

第1波は上昇初期波動(懐疑の中育つ、多くの人が弱気派で上昇に乗れない)、

第2波は深い調整波動(悲観の中で買い方を振るい落とし、同時に空売りを誘発する)、

第3波は大上昇波動(買い方が投げた後、上昇スピードが速く多くの人がついていけない、踏み上げ相場)、

第4波は浅い調整波動(強気派が増えており押し目買い意欲が旺盛、値幅よりも日柄調整が多い)、第5波は最終上昇波動(楽観の中で天井を打つ、買い方ばかりで売り圧力が強い)、

A波は下落初期波動(強気派が多く押し目買いする投資家が多いが結局下落する)、

B波は反動高波動(上昇波動と勘違いしやすい紛らわしい波動)、

C波は投げ売り波動(買い方の投げが投げを呼ぶ大きな下落波動、総悲観で底打ち)と解釈しています。

投資家心理を考えるときにエリオット波動ではどの波動にあたるのかを考えるとさらに相場の的中率が高まります。細かい波動分析はかえって逆効果と考え、弊社ではシンプルにエリオット波動を活用することにしています。