相場で勝ち続けるコツ(これが実践できれば相場の上級者)

  1. 常にポジションを張らないこと(ポジション病にならないようにすること
  2. 相場に逆らわないこと(相場に従うこと、意地を張らないで謙虚に相場に臨むことが大事
  3. トレードにおいて100点満点を目指さないこと(確実に勝てるところを逃さないことが大事
  4. 最後には少数派が勝つことを理解すること(相場の天井や底値では多数派が大量ロスカットする
  5. 自分の悪い癖や弱点を克服すること(相場ノートをつけて弱点を克服する
  6. 予想が外れたら無理せず様子を見て次のチャンスを待つこと(相場は何度もチャンスがある
  7. 予想が外れても都合の良い後講釈を探して自分の予想を肯定しない事(素直に負けを認めることが大事
  8. 買ってダメ、売ってもダメならその日は諦めること(ダメな日は何をやってもダメ、次の機会を待つ
  9. 上手くいってる時こそ利益は八分目で済ますこと(儲かった後は気が緩みがちになるため
  10. ロスカットは必要経費、授業料と考える事(どんな仕事も仕入れ原価があり儲けるための経費と考える
  11. 自分の相場分析手法や売買手法を確立すること(あれもこれもではダメ、決めたらそれをマスターする
  12. 材料はあとでついてくることを理解すること(例えば上昇相場では後でどんどん好材料が出てくる
  13. 噂で買って事実で売る事(12と関連するが相場は後から材料がついてくるため材料発表は利食いが良い
  14. 相場は総悲観で底打ちし懐疑の中で上昇し楽観で天井を打つことを理解すること(相場の基本中の基本
  15. とにかく勝ちにこだわること(相場に参加するなら儲からなければ意味がない、目的を見失わない事
  16. 基本を大事にすること(上昇相場では買い、下落相場では売りで儲ける。逆をやると勝ち目は無い
  17. 勝率100%はあり得ない。失敗も考慮して運用計画を立てること(目いっぱいの資金を使わない
  18. データを確認し、事実を確認して相場を判断する(根拠のない憶測での相場判断はダメ
  19. 自分の勝ちの型を見つけること(損小利大が狙えるところでは積極的に利益を狙う
  20. 相場での利益の原資は負けた投資家の損失であり、他の投資家に勝たなければいけないことを理解する。