*日経225オプション講座の募集は終了しました。

 

オプション取引とは基準となる対象商品を将来の定められた期日までに

あらかじめ決められた特定の価格(権利行使価格)で売買する権利を売買する取引のことを言います。

直接株式などを買うのではなく、権利を売買するのがオプション取引です。

 

具体例:日経平均株価を9月9日までに15000円で買う権利を100円で買う。

これが日経225オプションの権利の売買です。

 

例えばこの具体例のように予め日経平均株価を15000円で買う権利を買っておけば

日経平均株価が16000円に値上がりしても15000円で買うことができるため、

日経平均株価の値上がり分1000円から、この権利を買うときに支払った100円を差し引き

900円分の利益を手にすることができます。

これがオプション売買での利益の仕組みです。

ちなみにこの具体例での権利の値段である100円はプレミアム(またはオプション料)といいます。

また、オプションプレミアム100円は実際の金額に換算すると1000倍となるため10万円です。

したがってプレミアム100円の権利を買う場合は10万円が必要です。 

オプションの権利は2つの権利があります。

買う権利をコールオプション、

売る権利をプットオプションといいます。

 

買う権利を買うことをロングコール、

買う権利を売ることをショートコール、

売る権利を買うことをロングプット、

売る権利を売ることをショートプットといいます。

 

このようにコールオプションにも買い方と売り方が存在し、

プットオプションにも買い方と売り方が存在します。

 

オプションのプレミアムは買い方が売り方に支払うことになります。

このプレミアムの支払いはオプションの購入代金にあたると考えてください。

 

なお、オプションの売り方からみると買い方が支払ったプレミアム(オプション料)を受け取ることになりますが、

その代わり買い方が権利行使した場合には応じる義務があり、

これは現物の価格変動リスクを負う代わりに

プレミアム(オプション料)を受け取ることができるということです。

 

買い方と売り方の利益と損失の関係は下記の通りです。

買い方は利益は無限定、損失は当初支払ったプレミアムに限定されます。

売り方は利益は当初受け取ったプレミアムが最大、損失は無限定です。

 

オプション売買の基本形は上でも述べた通り、

コールオプションの買い(ロングコール)、

コールオプションの売り(ショートコール)、

プットオプションの買い(ロングプット)、

プットオプションの売り(ショートプット)があります。

 

このうちオプションの買い方はロングコールとロングプット、

オプションの売り方はショートコールとショートプットです。

 

オプション売買の損益例としては、

例えばコールオプションを1円で買う場合(ロングコール)、購入代金は1000円必要になり、

これが100円に値上がりするとオプションの評価額は10万円となり、売却すれば差引き99000円の利益になります。

しかし、最大損失額は購入額の1000円に限定されます。

ロングプットの場合も同じ考え方です。

逆にオプションの売り方は上記の例では最大利益は1000円、最大損失はいくらになるのかわかりません。

したがって、ロングコールとロングプットは利益は何倍にも何十倍にもなる事がありますが(無限定)、損失は限定されます。

逆にショートコールとショートプットは利益は限定され、損失は何倍にも何十倍にもなることがあります(無限定)。