講座の内容

需給分析の手法(大口投資家の手口、建玉分析)

 

日柄分析の手法

 

五角形分析(ペンタゴン)の手法(日柄と株価の合成)

 

ファンダメンタル分析の手法

 

チャート分析の手法

 

需給分析、正五角形分析、ファンダメンタル分析、チャート分析を総合的に利用して実践売買に活かす手法

 

日経225オプションの基礎と売買手法

 

エリオット波動の基礎と利用方法

 

⑨相場の教科書(当講座限定バージョン)の配信

 

重要な外資系証券(顧客は年金基金等も含む大口投資家)の需給分析レポートの配信(月23回配信)

 

五角形分析レポートの配信(月23回配信)

 

日柄分析レポートの配信(月1回配信)

 

エリオット波動分析レポートの配信(月1回配信)

 

当講座限定の特別レポートの配信(月1回配信)

 

当講座の受講者様限定の勉強会を開催(参加は任意)

 

チャットワークのビデオ通話又は電話の対応(希望の場合。当講座限定 

①需給分析の手法

日本取引所グループ(東証、大証)が毎営業日発表している

「当日取引高等」「取引参加者別取引高(手口上位一覧)」や、

毎週発表している「取引参加者別建玉残高一覧」の

チェックポイントや利用方法を説明いたします。

 

この需給分析により、年金基金等も含めた大口投資家の手口や建玉が分かります。即ち、大口投資家が今の相場をどのように見ていて、

この先の相場をどのように見ているのかを推測することが可能です。

さらに、大口投資家が短期的に上値や下値として強く意識しているポイントも推測が可能ですので短期売買にも役立ちます。

 

新規売買の根拠(スイングトレードのエントリーの根拠)や

利益確定、手仕舞いの根拠(エグジットの根拠)にもなり、

大いに利用できます。

②日柄分析の手法

高田資産コンサルの重要日柄の具体的な導き出し方を説明いたします。

重要日柄は相場の天井のタイミングや底値のタイミングになりやすいです。また、相場が動き出すタイミングになることもあります。事前に重要日柄を知ることで勝てる見込みが高い売買のチャンスをつかむことが可能です。

③正五角形分析(日柄と株価の合成)

正五角形分析で日柄と株価を合成して考えると、下記が分かります。

・〇月〇日に株価は〇円を目指すだろう。

・〇月〇日に株価が〇円超えなら加速上昇するだろう。

・〇月〇日に株価が〇円割れなら加速下落するだろう。

・〇月〇日に重要な上値抵抗線と下値支持線が交わるため、

〇月〇日が相場の強弱の分水嶺のタイミングになるだろう。

 

このようなことが分かると、相場の乱高下に惑わされて不要な売買をして損をしてしまうことを防ぎながら、利益のチャンスをつかむことが可能です。

④ファンダメンタル分析の手法

ファンダメンタル分析はよくテクニカル分析と比較されますが、

それぞれメリットとデメリットがありますので、

それらを補い合うためにも両方利用するのが良いと考えております。

高田資産コンサルがどのようにファンダメンタル分析を利用しているのか、手法を説明いたします。

⑤チャート分析の手法

チャート分析は一目瞭然で誰もが簡単に習得できますが、

その反面、ダマシも多いです。

実際のところ、チャート分析だけで勝ち続けることができるなら誰も苦労はしません。

高田資産コンサル流のチャート分析の手法を説明いたします。

⑥需給分析、正五角形分析、ファンダメンタル分析、チャート分析を総合的に利用し実践売買に活かす手法

それぞれの手法は、単体ではメリットとデメリットが両方ありますが、総合的に利用することでメリットを増やし、デメリットを減らすことが可能です。

目的は、売買で勝って利益を上げることですので、そのために必要なことを追及した結果の手法が、

需給分析、正五角形分析、ファンダメンタル分析、チャート分析を総合的に利用して実践売買に活かす手法です。

⑦日経225オプション基礎と売買手法

日経225オプションは、これ自体で利益を狙うだけでなく、

保有中の個別銘柄や、先物のヘッジとして利用することも可能であり、

応用が利きます。

さらに、高田資産コンサルの需給分析、正五角形分析等と組み合わせることで、利益のチャンスを増やすことができ、利用価値がさらに高まります。

⑧エリオット波動の基礎と利用方法

エリオット波動をどのようなスタンスで利用するのかは重要です。後から振り返ると誰の目からみても明確に見える波動も、リアルタイムでは複数の波動カウントが候補にあがり、分かりにくい面もあります。高田資産コンサルは、エリオット波動のメリットとデメリットを踏まえた上で、メリットに着目し、実践を意識して、極力シンプルに利用するようにしております。

⑨相場の教科書(当講座限定版)の配信

当講座限定バージョンの相場の教科書を配信いたします。

⑩重要な外資系証券(顧客は年金基金等も含む大口投資家)の需給分析レポートの配信

短期の相場も中長期の相場も、その方向性の判断は、大口投資家の売買動向の分析が大きなヒントになります。チャートやファンダメンタルが弱気でも、大口投資家が下値を支えるポジションをとっている場合は相場は暴落せず、むしろその安値は絶好の買い場になることが多いです。

大口投資家がどのような手口を入れ、どのような建玉(ポジション)をとっているのかを、需給分析レポートとして配信をいたします。(月2~3回配信)

⑪正五角形分析レポートの配信

高田流の正五角形分析の実践方法の理解を深めていただくために、日経平均やマザーズ、個別銘柄、S&P500、金相場などの正五角形分析レポートを

配信いたします。(月2~3回配信)

⑫日柄分析レポートの配信

高田流の日柄分析の実践方法の理解を深めていただくために、

日経平均やマザーズ、個別銘柄、S&P500、金相場などの

正五角形分析レポートを配信いたします。(月1回配信)

⑬エリオット波動分析レポート配信

高田流のエリオット波動分析の理解を深めていただくために、

主に個別銘柄のエリオット波動分析レポートを配信いたします。(月1回配信)

⑭当講座限定の特別レポート配信

当講座限定の特別レポートを配信いたします。(月1回配信)

⑮当講座の受講者様限定で参加ができる勉強会を開催

当講座の受講者様限定で参加ができます。

勉強会のみで話す内容もございます。

時期は11月下旬か12月を予定しております。

⑯チャットワークのビデオ通話、

または電話の対応

チャットやメールでのご質問は何度でも承ります。

ご希望の場合は、チャットワークのビデオ通話、

または電話でのご質問も月1回承ります。

相場は長期で勝ち続けることになると、

資金は複利で増えていくことになります。

資産運用で成功するにはこの複利が重要なのです。

例えば、月利3%で資産を増やしていけば

3年後に約3倍、

5年後に約6倍

10年後には約35倍にまで資金が増えます。

 

リスクをとって月利10%を目指すと

1年後に約3倍に、

2年後に約10倍に

3年後に約30倍に

4年後には97倍にまで資金が増えることになります。

  

これが複利の効果です。

したがって、長期で勝ち続ける技術を身につけることが

無理なく資産運用を成功させる近道なのです。

もちろんその技術は早く身につけておいた方が良いです。

相場はバブルと暴落を繰り返します。

大きく上昇した後は大きく下落する、

大きく下落した後は大きく上昇する、

これを何年、何十年単位で繰り返しています。

 

そしてこの周期に上手く乗るためには、

需給分析、日柄分析、正五角形分析、ファンダメンタル分析、チャート分析を総合的に利用するのが正解だと考えており、日々実践しております。

 

今後も繰り返し起こるバブルと暴落に上手く対応できる技術を

高田資産コンサルの講座で身につけて頂くことが可能です。

機関投資家やヘッジファンドは一定期間内に必ず運用益を出さなければいけません。そして、彼らが運用益を出すためには相場がある程度動く必要があります。したがって、相場は毎年必ず一定程度の値動きが出るのです。

そして、その値動きは規則性など無いようなランダムな相場もあれば、

規則性がつかみやすく教科書的な値動きをする相場もあります。

我々個人投資家が狙うべきは、後者の「規則性がつかみやすく教科書的な値動きをする相場で利益を上げること」です。

相場での利益を焦ってはいけません。

難しい相場は参加を見送りし、勝てる見込みが高い相場で利益を狙うことを意識することで、自然に負けが減り、勝ちが増えることになります。

当講座で、見送りすべき相場と、勝てる見込みが高い相場の判断ができるようになります。

資金管理で失敗してしまう投資家は多いです。

例えば、ストップ(損切りの逆指値注文)を設定していても相場が気になって仕方がない場合や、相場が怖いと感じた場合は、レバレッジが高すぎる(資金に対して建玉の金額が大きすぎる)可能性がありますので、

自分にとって、どの程度のレバレッジが適正なのかを考えることも大事です。

相場は心理戦でもあり、勝てる売買を淡々と実行するためには、精神的に余裕を持って相場に臨まなければいけません。

まずは心理戦で他の投資家に負けないためにも、資金管理を徹底する必要があるのです。

 

資金管理が上手くできていないと、本来は勝てる局面でも不要なロスカットに追い込まれ、大きな損失を被ることも起こり得ます。

資金管理をどのように考えていけば良いのかも説明します。 

理想的な勝ち方は勝率100%、底値で買って天井で売ることですが、

実際は勝率100%はあり得ませんし、常に底値で買って天井で売ることは不可能です。

そして相場で長く勝ち続けるためには「損切り(ロスカット)は必要経費」と考えなければいけません。

完璧主義は相場の世界では失敗のもとです。

所々で損切りしなければいけない局面も想定した上で資金管理をした上で

淡々と売買戦略を実行するのが高田資産コンサルの勝ち方です。

高田資産コンサルの重要日柄は、

相場の転換点になりやすいタイミングです。

高田資産コンサルの重要日柄の考え方が他の投資家と大きく違う点は

土日祝日も含めて変化日を導き出している点です。

昔は日本株も土曜日は通常の営業日でしたし、

土日に材料が出て月曜日の寄付きから

大きく動く相場も多々見られますが、

それは土日が変化日になることもあると考えると納得できます。

このような点からは私は平日だけでなく土日祝日も含めて重要日柄を導き出しています。

そして、重要日柄が分かると、相場が急変した時も「この重要日柄が影響しているから、今後はこうなるはずだ」と、冷静にその後の相場を予測し、

新たな売買戦略を立てたり、売買戦略を淡々と継続することが可能です。

相場は買い方と売り方が存在します。

相場が上昇すれば儲かる人と相場が下落すれば儲かる人がいるのです。

そして、相場の世界は基本的にゼロサムゲームです。

つまり、誰かの損失は誰かの利益になっており、誰かの利益は誰かの損失が原資になっています。

買い方の利益は売り方の損失であり、売り方の利益は買い方の損失と言い換えることもできます。

バブルのようにどんどん新たな資金が流入してくる場合はほとんどの投資家が儲かる相場になりますが、

バブルは毎年起こるものではなく、平年通りの相場はゼロサムゲームと考えた方が良いです。

そうすると、自動売買もこのゼロサムゲームの中で利益を狙わなければいけなくなり、

自動売買が常に勝つのなら他の誰かは常に負けることになりますが、

実際はそうではありません。

自動売買の手法を他の投資家も真似したり、

あるいはゼロサムゲームの観点で自動売買を敗者にすることで

自分が勝者になり利益を狙う投資家も出てくることになります。

テクニカル分析のダマシが頻発するのはこのためです。

ゼロサムゲームは参加者同士の潰しあいと例えることもでき、

自分が利益を上げるためには誰かが損をしなければいけません。

相場の世界はあらゆる投資家が利益を狙い、参入してきます。

仮に自動売買で簡単に勝ち続けることができるのなら誰も苦労しませんが、

そのようなことはゼロサムの相場の世界ではありえないことなのです。

 

高田資産コンサルは需給分析、日柄分析、正五角形分析、ファンダメンタル分析、チャート分析を総合的に利用することで、

厳しい相場の世界にも対応し、結果を出してきました。

更なる進化を遂げられるよう、今もAIに負けない技術、他の投資家に負けない技術を日々磨き続けております。

当講座では高田資産コンサルの最新の技術を身につけていただけます。

当講座の受講期間、代金、教材、勉強会の詳細とQ&A

 

・講座受講期間は2019年12月31日までです。

講座代金は398,000円(税込)です。

・教材は、動画またはPDFファイルです。

・レポートは、PDFファイルです。

・教材の配信スケジュールは、

②→①→③→⑧→⑤→④→⑦→⑥→⑨の順に配信をいたします。

講座開始の初日に②を全て配信し、①以降は順次配信し、最後の⑨は7月31日に配信をいたします。

・⑩から⑭のレポートについては、5月から12月まで配信いたします。

・⑮の勉強会は11月下旬か12月に開催を予定しております。会場は滋賀か京都の新幹線停車駅から徒歩圏内の会場を予定しております。

 

 

Q&A

Q.申込の流れを教えてください。

A.こちらの申込フォームからお申込をお願いいたします。

お申込を承りましたら、弊社から契約書を2通、本人限定受取郵便で送付いたします。

お受取後、契約書をご確認いただき、2通とも署名捺印をお願いいたします。

1通を同封の返送用封筒に入れて、郵便ポストへ投函してご返送をお願いいたします。

 

Q.いつから講座を利用できますか?

A.契約書をご返送いただき、弊社で受け取った当日からご利用いただけます。

 

Q.講座の活用ポイントを教えてください。

A.相場の技術は一朝一夕では身につきませんので、勉強と実践を繰り返す必要があります。

①から⑨までの教材と⑩~⑭のレポートで基礎知識と応用、実践技術を学んでいただけます。

 

Q.領収書は発行できますか?

A.領収書の発行も承っておりますのでご希望の際はお申しつけください。

 

Q.支払方法を教えてください。

A.お支払いはクレジットカード決済または銀行振込で承っております。

*クレジットカードはVisa、MasterCard、JCB、アメックスがご利用いただけます。

*銀行振込はりそな銀行の口座にお振込みをお願いしております。

 

Q.いつまで募集しますか?

A.定員に達し次第募集を締め切ります。